リフレクソロジスト

リフレクソロジスト

リフレクソロジスト

自宅サロンの場合は、一般的に店舗を借りて営業しているリフレクソロジーサロンよりも、圧倒的にリスクは少ないものです。

しかし、ともすればそんな温い状態にいることで、マンネリ化した対応になってしまっている場合もあるものです。
リスクがない分、自分自身にも甘くなってしまうということなのでしょうか。

リフレクソロジーサロンに、より多く人を集める為には色々な方法がありますが、その一つが新聞の折込チラシです。
大体B4サイズの両面カラー印刷がエステやサロンなどに多いチラシの形態です。

チラシでお客さんを集めるメリットは、新規のお客さんが獲得できると言うことです。全部が全部そういうチラシとは限りませんが、サロン側はそれを期待してチラシを折り込むのです。

自宅サロンにしか出来ない心のこもったサービスや接客を常に心がけていないと、いつの間にか自然消滅してしまった、なんてことにもなりかねません。
リフレクソロジーサロンには、人員の関係でアルバイトのリフレクソロジストを採用している店舗もあります。

国内で発行されているリフレクソロジストの認定資格は全ての民間資格になります。

資格を取得しないで自己流で勉強しただけであっても、リフレクソロジストを名乗ること自体は法律的にいうと全く問題ありません。
なりたい目元の浜崎あゆみさんについては、もともとの眼球や目元の大きさもさることながら、ジャケットやポスターなどのグラビアではアップが多いため、つけまつげを使用していることが多いようです。

あんま・指圧・マッサージ・鍼・灸をすることはできないという点、業として、医療行為や治療行為をすることはできないという点です。

リフレクソロジストは国家や都道府県などの所管による公的資格ではありません。